アパート経営を成功するには失敗事例を確認しておこう

今注目の新しい賃貸方法

内観

個人宅を賃貸物件へ

英和辞書を引くとリロケーションとは、再配置や移転、転勤や移住と明記されています。一般的にはリロケーションとは移住という意味で用いられているようですが、ここでは不動産用語としてのリロケーションの説明をします。不動産用語としてのリロケーションとは、赴任や転勤などで長期間不在となる自宅を賃貸物件として貸し出すことをいいます。通常の生活をしていれば当然のことながら家賃収入は発生しませんが、赴任や転勤にて長期間自宅が留守になるのであれば、賃貸物件として貸し出し家賃収入を得ようという新しい考え方であり、新しいスタイルの不動産賃貸です。完全な空き家を貸し出すことは今までもありましたよね。それを期間限定で行うことともいえますので、貸家の新しいスタイルともいえます。

法改正で定期借家が可能に

土地や家を貸し借りするためには、借地借家法という法制度の利用・解釈が必要なのですが、その法制度が改正されたことによって定期借家が可能になりました。法改正以前は、貸主の状況がかわり自宅へ戻ることになっても、借主が退居せずトラブルになることがありましたが、この法改正によってリロケーションでの賃貸ができるようになったことで、貸主側の安心感は大きくなったでしょう。期日にての明け渡しが確実であることによって、明け渡してある状態で自宅に戻れるようになりました。このことで海外赴任や転勤などの長期不在の場合には欠かすことのできない検討項目となっています。新たな準備などがなく家賃収入を得られることは大きな利点ですよね。リロケーションとは海外赴任や転勤などで貸し出すため、当然ながら貸主は近くにはいないため、入居者の実質的なサポートや管理は管理会社に依頼し任せることになります。業者委託するため家賃収入は目減りしてしまいますが、その分自宅のことは心配せずに海外赴任や転勤することができますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加