アパート経営を成功するには失敗事例を確認しておこう

不動産運用を始める

女の人

運用前に気をつけること

不動産運用でまず最初に考えなくてはならないのは、建物を建てる運用と建てない運用についてです。建てる場合は、家賃収入が主となります。また建てない場合は駐車場などの賃料が収入となります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、その土地の周りの状態も確認した上で判断を行います。駅がある程度近くにある場合は、建物を貸し店子としても運用できますし、賃貸としてアパートなどにもできます。どこに行くにも車が必要な距離の土地であれば駐車場としての需要が高いと言えます。建物を建てても借主が居なければ収入は得られませんし、駐車場も付近に多ければ全て貸し出せるとは限りません。アパート等の場合は借主が居なくても家賃保証により、ある程度の収入は見込めるのは駐車場との違いになります。ただし、家賃保証は100%保障ではないことも注意が必要です。

アパート運用の人気の理由

不動産運用の中でも土地面積が大きくない場合は、アパート・マンションによる賃貸経営が収益性が高くなります。同面積でも上部に建物は伸ばせるので、ある程度の人の流れがある土地であれば駐車場の賃料よりも、多くの賃貸収益を得ることができます。また家賃保証を利用することで、空室時のリスクを減らすことも可能です。もし家賃保証を利用していない場合は、空室数×家賃がそのまま毎月の収益から減ってしまいます。空室の分の家賃も保証会社が負担してくれますので、そのまま減収とはなりません。また次の入居者が入るまでの繋ぎとしては十分に保証してもらえますので、多くのオーナーは家賃保証を行っている管理会社と契約をしていると言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加