アパート経営を成功するには失敗事例を確認しておこう

成功するアパートとは

スーツの人

成功するアパートの特徴

アパート経営を成功させるにはいくつかの条件があります。失敗しないためには、購入する不動産物件選びが大切です。例えば駅が近いことや、大きな病院が近いこと、また子育てがしやすいこと等、立地条件はとても大切です。また立地が良くない場合でも、センスの良い外観であることや、暮らしの動線が良いアパートならば、需要があるので、空室が多くなることは少ないと言えます。特に立地条件がよくないアパートの場合は、なにも対策をしなければ、アパート経営に失敗する事例もあります。しかし、例えば床暖房があることや、広いお風呂があること、また食洗機付きのシステムキッチンがあるなど、他のアパートと差別化できれば、アパート経営は成功します。

利回りの高い物件を選ぶ

アパート経営が成功したと言えるためには、利益を出す必要があります。満室経営をしているのに赤字であるならば、それはアパート経営失敗事例と言えます。そこで大切なことは、利回りの高い物件にすることです。つまり安い金額で物件を手に入れることが出来たならば、失敗しないアパート経営に大きく近づきます。物件を安く仕入れるためには、中古のアパートを購入したり、競売物件でアパートを購入する等の方法があります。また新築でアパートを建てる場合は、将来得ることが出来るであろう家賃収入と、物件の取得価格を天秤にかけて、利益が出るならば決断をするとよいでしょう。失敗しないアパート経営には、空室を減らすことや、利回りの高い経営をすることが大切です。

女の人

不動産運用を始める

不動産投資を行う時は、きちんと家賃保証を付けておきましょう。場合によっては、投資での収入よりも出費が多くなってしまう可能性があります。ここでは、家賃投資のメリットや注意点についてご紹介しています。

集合住宅

不動産投資を検討しよう

資産を増やすために、投資を行ないたいと考えている方は、みんなで大家さんを検討してみてはいかがでしょうか。初めて投資を始める方でも、みんなで大家さんをすることで、低リスクで安心して投資をすることができます。ここでは投資方法についてご紹介しています。

内観

今注目の新しい賃貸方法

アパートやマンション経営をするといったような不動産経営でなくとも、海外赴任や県外転勤での長期間の不在宅を貸し出すことで家賃収入を得ることができます。リロケーションの活用は、新たな不動産投資方法として注目されているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加